ソリューション

T_Station

特長

低コストでの運用が可能

「1日コーヒー1杯分」の低コストにより、月額1万円の価格設定(2区画、IBM iの場合)と他のサーバー監視システムに比べ、圧倒的な低価格でのシステム運用が可能です。

一括監視が可能

IBM iのほか、AIXやLinux、Windowsの各サーバーに対応しています。
また、自社開発などのアプリケーションやパッケージの監視にも対応可能であり、企業内システムのすべてをT_Stationだけで一括監視できます。

信頼の保守・サポート力

サーバーの運用管理を10年以上行ってきた実績とノウハウがビーティスにはあります。現在お客様が本当に求めているものは何かを追求し、その結果T_Stationが誕生しました。
T_Stationはお客様から信頼いただいている保守・サポートで機能・品質を提供します。

機能

各種メッセージの監視

各OS・自社開発アプリケーション・パッケージソフトウェアなどの各種メッセージを検知し、監視対象のメッセージをシステム管理者へ通知します。
同様に各サーバーのディスク・CPUを定期的に監視し、使用率が設定したしきい値を超えるとアラートを通知します。また使用率を蓄積し、T_Stationで推移を参照できます。

メッセージの通知時間帯指定

曜日時間帯や監視対象によってメッセージの通知先を自由に指定することができます。
それにより対応者の割り振りはもとより、平日・休日問わずすぐにメッセージを受け取れる環境を構築できます。

様々な媒体による通知機能

パソコンや携帯電話のE-Mail・LEDボードなど、システム管理者の用途に応じた通知方法が可能です。

管理者間で対応状況を共有可能

各種メッセージへの対応をすべて履歴として残せるため、対応漏れや重複を防ぐことができます。
対応時にコメントを付け加えることができ、管理者間でのメッセージ確認・対応が円滑に行えます。

Android端末にて各種メッセージの確認と対応状況の入力が可能

T_Station for Androidアプリによって、Android端末からT_Stationで監視しているサーバーの状況管理が行えます。対応状況も入力ができますので外出先からの確認と対応も円滑に行えます。 Google Play(Android マーケット)よりダウンロードできます。

T_Station for Android アプリダウンロード(無料 Android 2.2 以上)

検索機能

監視対象となったすべてのメッセージ・事象は履歴として残るため、簡単に任意のメッセージを検索・参照できます。
検索結果はCSV形式でダウンロードでき、報告書の作成にかかる手間を省けます。

システム要件

IBM i
OSバージョン
V6R1以降
(V5R4以下の場合はご相談ください。)
※IBM iにてSMTPサーバーを起動する必要があります。
※メールサーバーのポート25番をIBM iから利用できる必要があります。
AIX
OSバージョン
5.3以上
Linux
OSバージョン
Ubuntu
 - 10.04 LTS
Red Hat Enterprise Linux (RHEL)
 - RHEL 5以降
CentOS
 - CentOS 5以上
Windows
OSバージョン
Windows Server 2008 以上
※.NET Framework 4.5クライアントが動作に必須 
ブラウザーお使いのブラウザのJavascriptを必ず有効にしてください。
 - Internet Explorer 7、8、9
 - Firefox 3 以上


TOPへ戻る

© 2007 - 2011 Bitis, Inc.