ゲンバルジャーサイネージソリューション
ゲンバルジャー

ニューノーマルの建設現場をITでご支援!

ゲンバルジャーは、建設現場の1日の流れを様々なシーンで活用できるソリューションです。
入場による打刻から退勤までの勤怠管理から、現場で働く従業員全員への情報周知、現場や詰所、本社間によるコミュニケーションなど様々なシーンでご利用いただけます。
ゲンバルジャーは、勤怠管理や日報生成による業務効率化を可能にします。また現場と本社間等の遠隔地での状況共有や現場従業員に対しての情報周知をスムーズに行うことができるため連携ミスを防ぎコミュニケーションと士気の向上につながります。

 

 

 

 

課題1
入退場の運用管理の負荷が高い
解決1
勤怠管理の効率化と自動化
入退場の勤怠管理が自動化することで効率よく管理が可能です。日報の作成も自動ででき、工数が低減できます。
課題2
現場全体への情報周知がスムーズにできない
解決2
サイネージを利用した情報共有
スケジュール変更や天気・熱中症指標などサイネージを利用して周知することで目に止まりやすくなります。また、ラジオ体操などの表示で現場の士気向上にもつながります。
課題3
現場・詰所・本社間での情報連携がうまくいかない
解決3
場所を問わない情報連携
現場と詰所、本社など遠隔地とのコミュニケーションや情報共有もタブレットでスムーズに行えます。Web会議や掲示板などの機能により情報の行き違いや伝達ミスなどの防止になります。

建設現場のニューノーマルの4つのポイント

1.業務の効率化
AI顔認証による勤怠管理の効率化
サイネージを利用した進捗状況の可視化による生産性の向上

2.スムーズな情報連携
PCやタブレット端末で現場−詰所−本社間の情報連携が可能
デジタルサイネージにラジオ体操、天気、WBGT(熱中症指標)、工程表など建設現場に必要な情報を
一斉配信

3.コミュニケーションの向上
拠点間、従業員の『輪』を活性化させる機能で生産性向上を支援
仮囲いサイネージを利用した地域住民へのお知らせにも活用

4.コロナ対策
AI顔認証による勤怠管理で従業員の入れ替わりの多い建設現場でも安心
現場内での蜜の回避

全体図

■AI顔認証「DigiFaceAI」
勤怠管理で複数の会社が混在する建設現場でも一括管理することで管理作業の負荷を軽減

■STORE+
Web会議の機能を備え、現場・詰所・本社間のコミュニケーションとマネジメントを支援

■ゲンバルジャー
建設現場に必要なラジオ体操や工程表、気象情報をサイネージに配信して情報共有が可能

ホワイトペーパーダウンロード

コロナ禍における建設業界の動向や建設現場のニューノーマル(withコロナ時代の建設現場)の現状と今後求められることについてまとめたホワイトペーパーです。
withコロナ時代において現状の把握と課題を再度洗い直してみませんか?