個人情報の保護について国内外で強化されています。日本では、2017年5月に施行された改正個人情報保護法、海外ではEU一般データ保護規則(GDPR)が2018年5月からスタートしています。
個人情報保護法では、匿名加工情報という概念が取り入れられ、匿名化したデータについては個人情報ではなく、目的外利用や本人の同意なく第三者への提供が可能になります。
QUICK-Mosaicは、改正個人情報保護法への対応が可能です。
本番機で匿名化されるため、開発機にリアルデータが送信されることはありません。

※機能の一部にQUICK-EDDを使用しております。(ライセンス不要)

 

?課題

  • 外部サーバでの変換だとセキュリティ上の不安がある
  • データのマスク(*置換)だけではトレーニングや検証に使用しにくい
  • ランダム変換だとデータの整合性が失われる

解決

  • IBM i上で匿名化が可能
    QUICK-EDDと組み合わせることで全てIBM i上で匿名化できる
  • カラムごとに匿名化ルールを決められる
    カラムごとに匿名化ルールを決められるのでトレーニング等で分かりやすいデータに匿名化できる
  • 整合性を保ったまま匿名化が可能
元の属性(長さ・タイプ)を引継いで匿名化
匿名化ルールの管理
匿名化エンジン管理
実行統計管理
スケーラブルな変換アルゴリズム
フィールドごとに選べる変換手法

・組み換え
・マスク
・辞書
・プログラム
・スクリプト

 

 

匿名化イメージ

外部の開発業者へテストデータとして匿名データを提供

ビッグ・データの活用や分析する際のセキュリティ対策として

匿名データを社内のトレーニング用データとして活用

OSバージョン

IBM iV6R1以降

必要なソフトウェア

JDK 1.8 以上 (IBMiは JDK 1.6 以上)

お問い合わせ

CONTACT

導入までの流れ、サポート体制など、製品に関するご相談をいつでも承っております。
まずはお問い合わせください。

お問い合わせ

ページTOPへ