業務データの活用や連携は、日常的に行われていますが、データの抜き出し、項目の選択や加工を行うのは手間がかかる上に最新データが必要な場合は、頻繁に同じ作業をする必要があります。
QUICK-SmartDataは、簡単な操作で定義を作成することにより、プログラムレスでリアルタイムに必要な場所へデータのレプリケーションを実現します。

?課題

  • 種類の違うデータベースを連携したい
  • 分析用サーバーへデータをバッチで転送しているためタイムラグが発生する

解決

  • 単一エンジンでレプリケーション可能
    QUICK-SmartDataは種々のデータベースを単一エンジンにより同じ操作でレプリケーションできます
  • データ更新をリアルタイムに検知し反映
    QUICK-SmartDataはCDC(Change Data Capture)機能によりデータの更新をリアルタイムに検知して分析用サーバへ反映します
OSやDBに依存しない高い独立性
DBサーバーにモジュール不要なエージェントレス
直観的で使いやすいブラウザ・インターフェース
レプリケーション先ファイルの自動作成
トリガー/ジャーナルの自動作成
簡単なデータ変換(結合、切り出し、定数…)
全体コピーと差分抽出電装処理
必要なデータのみ選択するフィルター機能
統合的に管理するモニター・コントロール
時刻・日付・曜日指定レプリケーション
エラー発生時にメール送信

お問い合わせ

CONTACT

導入までの流れ、サポート体制など、製品に関するご相談をいつでも承っております。
まずはお問い合わせください。

お問い合わせ

ページTOPへ